MENU

カロリストンの副作用って?

カロリストンは食事制限も運動も無しで、普通に生活し、食事をしているだけで痩せるという効果を持つダイエットサプリです。ダイエットは辛く苦しいものである、というイメージを一瞬で払拭できるほどの商品ですが、うまい話には裏がある、ともよく言われてます。

 

サプリメントや薬などには、必ずと言って良いほど「副作用」という言葉がついてまわります。その程度は様々ですが、ほとんどのそういった商品にはあると言って過言ではないでしょう。では果たしてカロリストンはどうなのか。そういった点について、今回はまとめてみました。

 

結論から言うと、カロリストンにも副作用は存在します。

 

カロリストンの副作用

 

含まれている成分には、ギムネマシルベスタ、環状オリゴ糖、サラシアレキュリアーターといった、糖質の吸収を抑えてくれる成分が含まれています。この成分こそが、「食べながら痩せる」の実現に一役かっているのですが、同時に副作用はここにあります。

 

糖質の吸収を抑えるという事は、体に糖室が入ってくるのを防いでしまう結果にもなります。そのため、血糖降下剤などを服用している方は低血糖症になる可能性があります。

 

また、環状オリゴ糖はお通じなどに効果があるのですが、摂取しすぎるとお腹がゆるくなり、下痢などの症状を引き起こす可能性を持っています。これらが、カロリストンにある主な副作用と言えるでしょう。

 

カロリストン使用の注意点

 

しかし、どれもカロリストンの摂りすぎなどから来るものでもあります。何事も過ぎたるは及ばざるが如しで、健康に良いサプリメントやダイエットに効くサプリメントと聞くと過剰に摂取したがる人がいます。

 

そういった際には、確かに副作用は起こり得る事態ですが、用法用量を正しく守って使用する以上、その副作用の危険性は非常に低いものになります。ご心配な方は、十日間返金保証があるので、まず一度軽い気持ちで試してから本格的な購入をしてみるといいでしょう。